読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンヘラ三十路クソヲタ喪女の独り言

メンヘラ喪女二人暮しの生活やら日々思ったこととか適当に。Twitter @moc0xxx

ヘルプマークをもらったという話

ヘルプマークというものをご存知ですか?
何らかの疾患や障害などがあり「困った時助けてもらう必要がある」人のために東京都が配布しているものです。
これです!なんか、わりとシャレオツじゃないですか(笑)
f:id:mocoxxx:20170404012349j:plain
Twitterなどでも話題になったことがあり、知ってる方も増えているかと思います。(私もTwitterで見て最近知った←)
ウィキペディア先生によると今では東京都以外の一部地域でも実施されているようです。


さてさて。
もらった経緯はと言えば。たまたま自立支援医療の更新の為に役所に行ったんです。そしたら置いてありました。
私は手帳は持っていません。だから縁がないものだと勝手に思ってた。
でもちょっと現物見てたら気になって、私も頂けるのですか?と聞いてみた。
職員さんは丁寧に説明して下さって、必要なら差し上げます、ということで頂いてきたわけです。

一応介助者なしでも最低限の生活は出来ますし、外出もある程度の距離なら出来ます。
なんでもらったの?本当にいるの?って思われるかもしれない。
私は常に見せつけるようにぶら下げようなんて1ミリも思ってません。むしろ頭の病院通ってお薬キメてるなんて外では隠しておきたい。
でも、いつ何があるか分からない世の中。
事故や事件、災害に遭うかもしれない。そういう時に私は対処出来るのか、自信がない。
発狂はしないと思うけど座り込んで動けなくなる、過呼吸、そんな可能性がゼロではないなと。

まあ普段から考えてるわけじゃなく、最近絶不調で寝込んでばかりいたのでそんなことを考えるきっかけになったのだけど…w

本当に必要な時には使えるようにしておこう、と思ったという話でした。
ちなみに都のテンプレに則り市や区が発行しているヘルプカードというものもあるそうです。社員証みたいなケース付き。
より細かく必要事項を書き込める(折り畳んで入ってる)ので緊急時はそちらの方が役に立つかもしれません。


ヘルプマークを見たら助けて、っていう周知活動は目にするけど、意外と貰う方のハードルは高いんじゃないかと思いました。
でも自分がこういう理由で必要です、と申し出ればもらえるものでした。
悪用目的でつけるような人が出ないことを祈りますが、必要な人にもっと行き渡ればいいなと思います。

イッちゃって暴れてるメンヘラを助けろとか言いません。
そういう時は警察呼んで!逃げて!!!危ないから。
もしつらそうにしている人がヘルプマークを見せていたら。
駅員さんや店員さんを呼んであげるだけでもいいと思います。それだけで救われる人もいるんです。
助けが必要な人はこういう物をちゃんと活用しよう。助けてもらえなかったなんて被害妄想に耽らないように。